• 日本語サイト
  • 英語サイト

イベント・協賛 事例

アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)

http://www.janica.jp/course/digital/actf2019.html

・2015年より毎年開催
・日本アニメーター・演出協会(JAniCA)が主催し、ワコム、セルシスが共催
・アニメーションにおけるデジタル制作技術に関する取り組みを業界内で共有するフォーラム
・アニメーション制作従事者と、デバイスメーカー、ソフトウェアベンダーおよび各種教育機関等が参加
・各社のデジタル技術の最新情報やノウハウについて、セミナーや展示などが開かれる

アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2019

 セルシスは、2019年2月2日に練馬区立石神井公園区民交流センターでアニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)をJAniCA、ワコムと事務局として共催し、CLIP STUDIO PAINTデジタル作画セミナーとブース展示を行いました。アニメーター、監督、制作やプロデューサーなどアニメーション制作に従事する約300名が来場しました。

―「デジタルタイムシートの開発と運用について」

 メインセッションの「デジタルタイムシートの開発と運用について」では、東映アニメーション 演出の高橋裕哉様、開発プログラマーの橋本拓様、テクノロジー開発推進室長の今村幸也様が、テレビアニメーション「おしりたんてい」を題材に「東映アニメーション デジタルタイムシート」の機能紹介、今後のアップデート予定やデジタル作画ワークフローについて講演されました。

 「東映アニメーション デジタルタイムシート」は、東映アニメーションが開発し、東映アニメーションとセルシスが共同で実施した実証実験でも活用したタイムシート編集ソフトウェアです。2018年11月のアップデートで「CLIP STUDIO PAINT」と、汎用デジタルタイムシート情報を介した連動が可能になりました。



>「東映アニメーション デジタルタイムシート」のダウンロードはこちら


―「日アニ流!CLIP STUDIO デジタル作画導入講座」

 「CLIP STUDIO PAINT」によるデジタル作画を導入した日本アニメーション 制作の渡邊龍之介様、アニメーターの高橋彩様、西山薫子様より、「ちびまる子ちゃん」の制作を例に、デジタルツールを使ったことがないアニメーターにもわかりやすい設定で動画作業の実演と現場での利用状況などをお話いただきました。

 またセルシスからは2018年11月のアップデートで「CLIP STUDIO PAINT」に搭載したカメラワーク、汎用タイムシート情報ファイルの入出力などのアニメーション制作の新機能をご紹介いたしました。



>CLIP STUDIO PAINT 1.8.4アップデートについて
>日本アニメーション株式会社様導入事例


―「CLIP STUDIO PAINTでの動仕作業の方法」

 オー・エル・エム 動画検査の太田彬彦様が、「CLIP STUDIO PAINT」を使用したデジタル動画・仕上げ方法の一例として、「ポケットモンスター サン&ムーン」での実作業を交えて講演されました。デジタル初心者にも理解しやすいように、ソフトの基本的な機能であるオートアクション、パレットの調整や書き出し方法などを丁寧にレクチャーしていただきました。




―「デジタル作画による制作ショート作品特別上映と解説」

 2018年、各社で小規模ながらもデジタル作画を活用し、フルデジタル制作の実験的な取り組みが行われました。そこで制作された作品を特別に上映いたしました。事務局(ワコム) 轟木保弘様の進行の元、アニメーション監督でJAniCA代表理事の入江泰浩様をゲストに、各作品が作られた経緯やツールについてパネルトークが行われました。また、展示ブースで行われた入江様の「CLIP STUDIO PAINT」によるライブドローイングアニメーションも披露されました。



▼入江様によるライブドローイングアニメーション
 




 

アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2018

 セルシスは、2018年2月10日に練馬区立区民・産業プラザでアニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)を文化庁/JAniCA /株式会社ワコムと事務局として共催し、CLIP STUDIO PAINTデジタル作画セミナーとブース展示を行いました。

―CLIP STUDIO PAINT デジタル作画セミナー / CLIP STUDIO PAINT の今後の開発予定

 セミナーでは、CLIP STUDIO PAINT を作画に利用しているアニメーター國行由里江様にご登壇いただき、日頃活用している機能を紹介いただきました。

 また、セルシスからはタイムシート情報の入出力機能の実装、RETAS STUDIOとの連携強化など、アニメーション制作機能の今後の開発方針をご案内しました。



>今後の開発方針について


スタジオ雲雀 CLIP STUDIO PAINT フルデジタル制作環境への取り組み

 メインセッションの「スタジオ雲雀 フルデジタル制作環境への取り組み」では、プロデューサー 宮﨑裕司様、アニメーター 黒澤桂子様、システム管理者 齋藤成史様が、2017年夏に放送された「潔癖男子!青山くん」での、CLIP STUDIO PAINTを使用したデジタル作画について講演されました。

 30分枠1クールのアニメ作品の全作画工程をデジタルで制作する過程で起きた様々な出来事や、現在の取り組み、将来への展望などを事例を交えながらお話されました。





―来場者全員にCLIP STUDIO PAINTのアニメーション機能の書籍の配布

 CLIP STUDIO PAINTの機能を、アニメーターの目線からまとめた吉邉尚希様の書籍「ショートアニメーション メイキング講座~吉邉尚希 works by CLIP STUDIO PAINT PRO/EX」より、アニメーション機能を解説した項目を抜粋、収録した書籍を配布いたしました。




―入江泰浩様のライブドローイング

 展示ブースでは、アニメーション監督でJAniCA代表理事の入江泰浩様が、CLIP STUDIO PAINT を使用したアニメーションのライブドローイングを行いました。

アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム(ACTF)2017

 セルシスは2017年2月11日に練馬区光が丘区民ホールで行われたアニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラムを文化庁/JAniCA/ACTF事務局と共催し、CLIP STUDIO PAINTセミナーとブース展示を行いました。

 

―セルシス×神風動画~クリップスタジオペイントの今とこれから~

 「セルシス×神風動画 CLIP STUDIO PAINTセミナー~クリップスタジオペイントの今とこれから~」と題したセミナーでは、神風動画の斉藤様、山腰様に「CLIP STUDIO PAINT」のアニメ機能について実演をまじえてご説明いただきました。

 また、セルシスからは、既存のワークフローや制作体制を活かしながら「CLIP STUDIO PAINT」を導入していただくための、各種制作ツールとの連携や、タイムシート情報の入出力など、今後の開発方針についてご説明いたしました。



>今後の開発方針について


 

―東映アニメーション~CLIP STUDIO PAINTを使用した演出チェックフロー~

 メインセッションの「『正解するカド』におけるデジタル作画実践編」では、東映アニメーション シリーズディレクターの渡辺様とアニメーションプロデューサーの小倉様、演出のりょーちも様が登壇し、「CLIP STUDIO PAINT」を使用しての作画や演出陣のチェックフロー、社内開発のデジタル作画管理ツールでのワークフローなどについて講演されました。

「絵コンテから撮影までデジタルで制作しています。制作のタップ張りや原図のコピーなどの事務作業を大幅に削減し、カット袋がない状態で制作しています。」(小倉様)

「作画ではCLIP STUDIO PAINTのパース定規を使ってパースを設定して、2Dキャラを描いています。CLIP STUDIO PAINTは作画の段階でもタイミングを付けることができ、ムービーとしてチェックできるのもメリットですね。作画監督や演出のパソコンにもCLIP STUDIO PAINTを入れていますので、データの共有もスムーズにできますし、上がってきたラフ原画に指示をつけることもできます。」(りょーちも様)

「レイアウトを確認したり、カメラワークの指示をつけたりしています。また、作画監督がつけてきた芝居についても、これが正しいのかどうかを判断して、再び作画監督に渡したりしています。」(渡辺様)



『正解するカド』

2017年4月より TOKYO MX・MBS・BSフジにて放送開始!
TOKYO MX1:4月7日より 毎週金曜 22:30~
MBS:4月11日より 毎週火曜 深夜3:00~
BSフジ:4月11日より 毎週火曜 24:00~
http://seikaisuru-kado.com/

 

 

―クリエイターズインパック~CLIP STUDIO PAINTによるフルデジタル作画~

 株式会社クリエイターズインパックのメインセッションでは、大阪スタジオのプロデューサーの畑中様、アニメーターの谷口様が「CLIP STUDIO PAINT」による、フルデジタル作画での元請け制作について講演されました。

「CLIP STUDIO PAINTを選んだ理由は、アニメ機能など機能面の良さももちろんありましたが、デジタル導入の壁になりがちな費用面でも安心して導入できた点が大きいです。また、個人的な制作でCLIP STUDIO PAINTをすでに使用しているアニメーターや社内のイラスト部にもユーザーがいたのもソフトを選んだ理由です。」(畑中様)

「指パラや透かし機能など、アニメ制作に適した機能も豊富ですので、作業内容に適した良い機能や方法を見つけながら制作しています。」(畑中様)

「専門学校のアニメコースのデジタル作画の授業を担当する際に一番感じることは、今の学生はデジタルに慣れているということです。こちらが説明している間にどんどん新しいことをやっているなんてこともしばしばです。」(畑中様)

「操作に慣れた今では、デジタルの方がうまく描けるようになったと感じており、デジタル作画に飛び込んでやってみてよかったと思っています。デジタル作画をやったことがない方にも是非チャレンジしてみて頂ければと思います。」(谷口様) 
 




 

お電話でのお問い合わせ

03-5365-3080

導入・アライアンスに関するお問い合わせはもちろん、
ご検討についてのご相談などもお気軽にお問い合わせください。
10:00~12:00 13:00~18:00 (土日祝を除く)

Topへ戻る