• 日本語サイト
  • 英語サイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

CLIP STUDIOソリューション

アニメ制作会社様 事例

株式会社シグナル・エムディ 様

http://www.signal-md.co.jp/

デジタルグループ グループリーダー 上野様
デジタル作画 蘇様、朝香様、黒田様、森田様

『「CLIP STUDIO PAINT EX」で ももいろクローバーZ 「WE ARE BORN」MUSIC VIDEO アニメパートを制作』

251_ext_01_0.jpg

 Production I.Gなどが所属する「IGポートグループ」の4つ目の制作会社として2014年に設立した株式会社シグナル・エムディ。TVアニメシリーズ「探偵チームKZ事件ノート」や各種PV、CM映像を手掛け、「デジタル作画」への挑戦を続けています。

 そんなシグナル・エムディ様に、商用アニメ制作機能が搭載された「CLIP STUDIO PAINT EX」をご利用いただいた背景・効果や、アニメーション制作フローの展望についてお伺いしました。

「フルデジタル作画」への挑戦

ーシグナル・エムディ様のお仕事について教えてください。

 シグナル・エムディは「デジタル作画中心で制作する」事を目的に2014年に生まれました。

 私たちはその中でも「デジタルグループ」というチームで、「フルデジタル作画」に挑戦しています。使用ソフトを限定せず、あらゆるツールを使いこなせる「ゼネラリスト」を目指しています。

251_ext_11_0.jpg

「CLIP STUDIO PAINT」使用のきっかけ

ー今回、『ももいろクローバーZ 「WE ARE BORN」MUSIC VIDEO』にて「CLIP STUDIO PAINT」をご利用いただきましたが、ご利用いただくに至った背景をお聞かせください。

201604211211_1-300x0.png

  最初の出会いは神風動画様が制作されていた「シティーハンター」の原画、動画、仕上げをお手伝いする機会をいただいた時です。テストカットを見て、「クリスタでここまで表現できるのか」と驚きました。

 その後、今回のMVのアニメパートディレクションをされているkubotabeeさんから、「ももクロのMVのアニメパートをデジタル作画でやりたい」というお話をいただきました。実はkubotabeeさんもクリスタを使われており、ちょうどクリスタにアニメ機能が正式実装された頃でしたので、それなら使いましょうと。

一人のスタッフが原画、動画、仕上げまでを作業

ー具体的にはどのような制作工程でご利用いただいていますか?

 3名のスタッフが携わり、一人で担当カットの原画・動画・仕上げ全てを作業しました。1名でも可能な物量だったかと思いますが、なるべくチーム全員で複数案件を並行で担当し、ノウハウを共有する体制です。

 CMやPVは映像での見栄えをよくするため、後から「線の太さを変えてほしい」というリテイクがよくあります。ベクター線で制作していたおかげで、線幅修正機能を使って即座に修正対応を行うことができました。

251_ext_11_2.jpg

他のソフトにはない使いやすさ

ー他ソフトもお使いいただく中で感じた「CLIP STUDIO PAINT」の強みは何でしょうか。

 アニメーターにとって重要な、線の入り抜き・描き味が段違いに良いです。業界に対して優しい機能が完備されていると思います。ライトテーブルやオニオンスキンといった機能が、ワンボタンで作業できます。他のソフトに同じような機能があっても、クリスタにはそこに使いやすさ・分かりやすさを感じます。講座も豊富なので、調べながら作業できました。
 
 また、ユーザーの方が作られた素材やツールも多いです。仕事で使うツールはチームで統一させていますが、自宅ではいろいろな素材やブラシをダウンロードして描いています。

251_ext_11_3.jpg

個性を溶け込ませながら「聖域」を作る

ープロのアニメーターを目指す方に何かアドバイスなどあればお聞かせください。

 アニメーションは大勢の人が携わるため、全体のスケジュールを考えながら、クオリティを維持しつつ、速く描かなくてはなりません。自分が描きたい物を描く意志が強くなると、どうしても絵が浮いてしまいます。個性を溶け込ませながら、「ここだけは負けたくない」という自分にとっての強み、聖域を作っていくことで力がついていきます。

 そのためにもまずは自分が好きなアニメーターさんの絵や作品を模写し、徹底的に真似して「盗んで」いくことです。

 今はSNSも普及していますので、人に自分の絵を見られることに慣れておくことも必要かと思います。


 メンタル面の強さを持つと同時に、健康も大事です。

251_ext_11_5.jpg

ゼネラリストによる新たなワークフロー

ーアニメ業界では既存の制作フローからの変化が進んでいますが、今後どのような会社を目指されていますでしょうか?

 いくつもの工程を一人の人間で担当でき、表現の幅を広げられることがデジタル作画のメリットの一つだと思います。ただ紙をデジタルに変えることだけではなく、デジタル作画ならではの作り方に取り組みたいです。
 
 極論をいうと、制作がいなくても回せるマインドを持つことも必要です。データの取り回し等も描いた人間自ら行える方がミスも減ります。
 
 そのため弊社デジタルグループでは原則的に社員としてスタッフを採用し、どんな環境にも対応できる「ゼネラリスト」に成長してもらいます。 
 
 もちろん既存のアニメ会社様やフリーのアニメーターの方々にそれらを求めることは難しい事です。
 
 ですので、各社様と連携・協業を進めながら、デジタル作画の制作フローを一つに決め付けずに、柔軟に対応する姿勢を持ち続けていきたい、と考えております。
 

251_ext_11_4.jpg

更なる進化をリーズナブルに

ー今後「CLIP STUDIO PAINT」やセルシスに期待することなどございましたら教えていただけますでしょうか。

 ミュージックビデオのお仕事だと、音楽に合わせて絵のタイミングをそろえていく必要があります。クリスタ自身には音声を読み込む機能はないので、対応できればもっと凄いことになると思います。※1

 
 あと、リーズナブル※2であること(笑)! 機能が新しくついた分、高額化する・・・ということはしてほしくないのが正直なところですね。手を出しやすい価格帯を続けてほしいです。



※1 CLIP STUDIO ACTIONを併用することで音声・BGM・効果音などの演出をつけることができます。今ならEXユーザーはACTIONを無料でご利用いただけます。詳しくはこちら
※2 CLIP STUDIO PAINTは月額500円でご利用いただけるバリュー版がございます。

【株式会社シグナル・エムディについて】

201604221645_1-450x0.png

 
 日本のアニメーション業界が今後も生き残っていくため、「グローバルに業界全体の再編を促すハブ的存在であり続けたい。」との信条の下、IGポートグループの4つ目の制作会社として2014年に誕生しました。

 今後アニメーション業界を取り巻く環境は今まで以上により厳しく、より早く変化を求められる時代が到来します。

そんな時だからこそ原点に立ち返り、あらゆる面で【人】を大切にしていく事が重要であると考えています。

 【人】をつなげ、既存のビジネスにとらわれないグローバルな展開を行ってまいりたいと考えております。

お電話でのお問い合わせ

03-5365-3080

導入・アライアンスに関するお問い合わせはもちろん、
ご検討についてのご相談などもお気軽にお問い合わせください。
10:00~12:00 13:00~18:00 (土日祝を除く)

Topへ戻る