• 日本語サイト
  • 英語サイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

ソリューション営業マネージャー

ソリューション営業マネージャー
神林 孝尚 Takanao Kanbayashi


201603231724_1.jpg

―どのような業務を担当していますか?
 電子書籍ソリューションの営業や、ソリューションを導入されたお客様のサポート、企画・調整を担当しています。メインの業務は、大手コンテンツプロバイダ様のサポートや、携帯キャリア様と進めているプロジェクトの管理です。なお、電子書籍配信に関するトータルなソリューションを提供するための個別プロダクトとしては、ビューア「BS Reader」、コンテンツオーサリングツール「BS BookStudio」、配信サーバー「ComicDC」があります。

 
―取扱商品がどのようなものか、わかりやすく教えてください。
 ソリューションの中心となるのが、電子書籍コンテンツを表示するビューア「BS Reader」です。本製品は、フィーチャーフォンでパケット定額サービスが始まったばかりの2003年頃から提供している、歴史あるビューアです。おかげさまでフィーチャーフォン市場では、大手3キャリアの電子コミック配信において、90%以上のシェアでご利用いただきました。現在はスマートフォンへの対応、移行が進み、多くのコンテンツプロバイダ様や携帯キャリア様の電子書籍公式サービスで、引き続きご利用いただいています。
 本製品の大きな特長は、フィーチャーフォン時代から蓄積された1,000万を超えるコンテンツを、そのままスマートフォンでも配信できること。また、Android、iOSデバイス、PCに対応するマルチプラットフォーム、多彩な画面効果や音声などを使用したリッチな表現方法なども魅力です。これまではビューアをアプリケーションという形で提供してきましたが、先頃、HTML5技術を用いたWebブラウザ上で動作するビューアの提供も開始しました。こちらは、エンドユーザー様がコンテンツを購入された際、ビューアアプリケーションをインストールする必要がなく、よりシームレスにコンテンツ閲覧を楽しんでいただくことができます。

201603231212_2.jpg

―業務のやりがいや、誇りに思えることを聞かせてください。
 ソリューション提供とは、お客様のご意見を伺いながら、一緒に作り上げていくものだと考えています。寄せられるご要望はさまざまですが、最大公約数的なものではなく、多くのお客様に喜ばれるもの、エンドユーザー様がより使いやすいものを作りたいと思っています。それを実現するまでの過程で壁にぶつかることもありますが、だからこそやりがいや達成できた時の喜びも大きいです。
 エンドユーザー様にとっては配信されるコンテンツが主役であり、私たちはあくまでも裏方です。しかし、何百万人ものエンドユーザーの方々が、毎日の暮らしの中で、私たちのビューアでコンテンツを楽しんでくださっている。それを思うと、あらためてこの仕事に対する誇りを感じます。もしかしたら、ビューアの存在自体を意識せず、エンドユーザーの方々が快適に読書を楽しんでくださることこそが、私たちの理想なのかもしれません。

201603231724_2.jpg
 
―今後の取り組み、抱負などを聞かせてください。
 スマートフォンがまたたく間に一般化し、EPUBなどフォーマットのオープン化も進んでいます。また、新しいプラットフォームやサービスが続々と開始されるなど、電子書籍業界を取り巻く状況は刻々と変化しています。これからもより多くのお客様に当社グループの製品を使っていただくために、市場のニーズを敏感に察知し、スピード感をもって新たなソリューションを提供していきたいと思っています。
 また、当社では、クリエイターの方々のデジタルコンテンツ制作を支援する「クリエイターサポート事業」も展開しています。今後、双方の事業で培った技術やノウハウをより強く結びつけ、クリエイターの作品を簡単に電子書籍で配信できるような仕組みを作り、その中で活発なコミュニケーションや、新たなクリエイティブが生まれる。そんな未来図を描きながら、日々仕事に取り組んでいます。


*掲載内容は制作当時の内容です。
 
Topへ戻る