• 日本語サイト
  • 英語サイト

WHAT’S NEW

2019.07.17NEWS

出版各社と協力し、マンガ家のデジタル入稿支援の取組みを強化 ソフトウェアやサービスのアップデートを実施

 セルシスは出版各社と協力し、マンガ家のデジタル入稿を支援する取組みを強化するため、マンガ制作ソフトウェア「CLIP STUDIO PAINT」やマンガ共有・閲覧サービス「CLIP STUDIO SHARE」のアップデートを本日7月17日に実施いたしました。
■ 商業誌の入稿に使用できる、講談社公認の原稿用紙設定を追加
 マンガ制作ソフトウェア「CLIP STUDIO PAINT」の用紙設定に、商業誌の入稿に使用できる原稿用紙設定を追加しました。集英社に加え、新たに講談社公認の原稿用紙設定が追加されました。各原稿用紙設定には、雑誌→コミックスなどで、サイズが変更されても裁ち落としされない領域を示す「セーフライン」が設けられています。このセーフラインを意識して作画することで、キャラクターの表情やセリフなどの大事な情報が、印刷する判型が変わる場合でも、裁ち切りされることなく印刷されます。それにより、この原稿用紙設定は、各出版社の雑誌、単行本、デジタルメディアなど媒体横断で利用することができます。
 

■ マンガの印刷用版面データと、フキダシのテキストデータを分離して出力し、一括で送信する機能を追加
 マンガ共有・閲覧サービス「CLIP STUDIO SHARE」が、マンガ制作ソフトウェア「CLIP STUDIO PAINT」との連携により、マンガの印刷用版面データと、フキダシのテキストデータを分離して出力し、一括で送信する機能を新たに備えました。CLIP STUDIO SHAREは、相手先にマンガ作品を見やすい電子書籍の形で共有するためのサービスであり、それに加え同時に高解像度のデータ原稿をweb経由で送付する機能も備えています。今回は、データ原稿をweb経由で送付する機能を強化いたしました。それにより、入稿時に内容の確認を行いながら、印刷用の版面データとフキダシのテキストデータもダウンロードでき、効率的な製版作業が行えるようになります。
 

入稿データ作成について詳しくはこちら
https://tips.clip-studio.com/ja-jp/articles/1877



 出版社の担当者様より、今回の取組みについてコメントを頂戴しました。

株式会社 講談社
ヤングマガジン編集部 副編集長
兼投稿サイト事業チーム長
鈴木綾一様

 このたびセルシス様のご厚意で、2種類の弊社専用単行本プリセット「講談社マンガ誌A」(マガジンやなかよしなどに多い新書判型)と「講談社マンガ誌B」(ヤンマガやモーニングなどに多いB6判型)を導入していただきました。特に新書版判型は、雑誌掲載時に比べて横が狭く縦が長いので、単行本にする際に、絵柄が切れたりセリフが内側に寄ったり、上下の絵柄が足りないということがあり、そのたびに漫画家さんに加筆修正などをしていただくことがあります。原稿執筆時にこのプリセットで各判型のセーフラインを随時確認していただくことで、漫画家さんの作業軽減につながることを期待しています。


株式会社 集英社
デジタル事業部 次長
岡本正史様

 「CLIP STUDIO PAINT」に集英社マンガ誌入稿用の原稿用紙プリセットを追加いただいたのが、2018年12月。新たに講談社の原稿用紙プリセットが加わったことを歓迎します。複数のマンガ誌に連載を持たれている作家の方も多く、細かな設定に気をとらわれることなく、創作に集中できる時間が増えるのは喜ばしいことです。またテキストデータを分離して一括送信する「CLIP STUDIO SHARE」の機能についても、これまでの作家~編集者の負担を軽減するもので、実現を待ち望んでいたものです。ありがとうございました。


 また、セルシスはマンガの発表やマンガ賞への応募をサポートするため、以下のアップデートも実施いたします。

■ 製本状態に近いイメージで確認・共有ができる3Dビューを追加
 マンガ共有・閲覧サービス「CLIP STUDIO SHARE」に、リアルな製本イメージでマンガの確認・共有ができる3Dビューを追加しました。3Dビューは、自社開発の3Dエンジンで表示され、モバイル端末を含め、ブラウザ上で高速かつ精緻な表示が可能です。入稿データやオリジナル作品の仕上がりイメージをより製本状態に近い状態で把握し、共有することができます。
 

 3Dビューの特長
  ● 紙の種類による繊維感や、光沢感、透け感(裏写り)を表現。
  ● ページ数による本の厚みを表現。
  ● 綴じの種類による背表紙部分の形状や、ノド部分の明暗を表現。

■ 業界横断でマンガ賞・持ち込み先を検索できるサービス「マンナビ」をリニューアルし、正式な運営を開始
 マンガ家を志望するクリエイターの商業における活躍の場を広く紹介する、マンガ賞/持ち込みポータルサイト「マンナビ」の正式な運営を開始いたしました。「マンナビ」は様々な雑誌、投稿サイト、アプリなどを横断してマンガ賞を探せる唯一のサイトです。この度のリニューアルで、マンガ制作ソフトウェア「CLIP STUDIO PAINT」から「マンナビ」をスムーズに利用できるようになりました。現在、マンガに関わるメディア、マンガ投稿サイトを含む雑誌/媒体の掲載数は234件、マンガ賞情報は110件の登録があり、今後もより充実させてまいります。

マンナビ https://mannavi.net/
     https://www.celsys.co.jp/topic/2019071701

 


 セルシスは今後も関係各社と協力し、マンガを制作するクリエイター、およびマンガ作品の制作・印刷・流通に関わる方々の活動をサポートする取組みを続けて参ります。今回エンハンスされた機能の詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://www.clip-studio.com/clip_site/csp/v191


【株式会社セルシスについて】
 セルシスはグラフィック系コンテンツの制作・閲覧・流通を通じて、IT技術でクリエイターの支援をグローバルに行っています。
 イラスト・マンガ・アニメーション制作ツール「CLIP STUDIO PAINT」、Webサービス「CLIP STUDIO」を通じたクリエイターの創作活動をサポートするサービスの提供や、電子書籍ソリューション「CLIP STUDIO READER」等の、コンテンツ制作・流通・閲覧にまつわるソリューションを提供しています。

セルシスホームページ : https://www.celsys.co.jp/
CLIP STUDIO twitter : https://twitter.com/clip_celsys


©CELSYS,Inc. All Rights Reserved.

製品名および会社名はそれぞれの会社の商標または登録商標です。

(注)ニュースリリースに記載されている内容は報道発表時の情報です。ご覧になった時点で内容等が変更になっている場合がございますのであらかじめご了承ください。

お問い合わせ先
株式会社セルシス 広報担当 増川 聖子 / 古野 真衣
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
TEL:03-3373-9919 / e-mail:press@artspark.co.jp

法人のお客様はこちら
https://www.celsys.co.jp/clipsolution/
 
Topへ戻る